周藤瞳美

記事一覧(4)

2018年3-4月のお仕事

academist Journal 更新中!https://academist-cf.com/journal/■ 記事執筆メルカリはなぜ、想定外のトラブルに迅速かつ誠意ある対応ができたのか https://t.co/myjEeJH9XUぴあ だからできた! チケット事業の経験を活かした事故対応 [事故対応アワード受賞レポート] https://t.co/vkjMfG3Smh最優秀賞「該当なし」は良対応が増えたから - 第3回情報セキュリティ事故対応アワード開催レポートhttps://t.co/r6rCaNwAhp事故対応でB.LEAGUEが得た2つの教訓 [事故対応アワード受賞レポート]https://t.co/spA2r83THj「標的型攻撃メール訓練は意味あるの?」 理解を求めて戦うラック担当者https://t.co/Qac1zksUPbAIでイノベーションを起こすために【第1回】ABEJAはリベラルアーツ重視! ......リベラルアーツって何?https://t.co/vzYflMZf6bAIでイノベーションを起こすために【第2回】テクノロジーの世界でリベラルアーツが生み出す価値とは?https://t.co/7Qat20ekCtAIでイノベーションを起こすために【第3回】ABEJAはリベラルアーツにどう取り組むか?https://t.co/8LEnEjMmwfゲーム・野球で有名なDeNAが"クルマ"に挑戦するワケhttps://t.co/fPfOoa19iy単なる"物流"からの脱却、ヤマト運輸が考える「MaaS」の世界https://t.co/BcKj6zeKwQクルマもAWSの時代、DeNAのMaaSはクラウドの"雄"が支える?https://t.co/W3Es4RjrkCDeNAが「MaaSは世界を席巻できる千載一遇のチャンス」と語るワケhttps://t.co/lzHkghmaWd富士通が新横浜TECHビルを改装し、一歩先の働き方改革を実践 https://t.co/i30pv53Mqe25名分の作業をロボットが担当! - 日本生命のRPA導入https://t.co/N7inGtAxeMどうすれば観客は増えるのか? B.LEAGUEが挑むデジタルマーケティング戦略(講演レポート執筆) https://t.co/6oBZjEflPOビジネスで役立てる「契約書作成・管理の極意」(PR)https://t.co/hLjLjEKut9日本の材料開発を支える「熱分解分析法」とは - 名古屋工業大学 大谷 肇教授 [PR]https://t.co/gYGSjd5GG1巨大なナメクジWANTED! – 京大・宇高寛子助教が取り組む「ナメクジ捜査網」プロジェクトhttps://academist-cf.com/journal/?p=6920■ プレスリリース執筆https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000033082.html■ サイト制作https://www.corp.academist-cf.com/

2017年のお仕事

編集・academist Journal・Pythonで学ぶ 基礎からの機械学習入門・academistプロジェクト 海底に突き刺さった潜水艦は伊58か?・academistプロジェクト「病は気から」は本当か? アレルギー界の大きな謎に挑む! 記事執筆<サイエンス>・雷が大気中で原子核反応を起こしている証拠 - 柏崎市上空で陽電子が生成・理研・初田哲男博士、分野横断型組織iTHEMSについて語る。「分野融合のカギは、”環境”に尽きる」・環境中の放射能を監視することで、国民の安心と安全を支える - 公益財団法人 日本分析センター・バナナの滑りから考える、科学技術と価値観のイノベーション - イノベスタ2017 北里大・馬渕名誉教授特別講演・「フィンガービジョン」でロボットのための人工知能研究を加速させる – 東北大・山口明彦助教・「ロボットではなく、ロボットが成し遂げたことを見せろ!」- 東大・浦環名誉教授の研究哲学に迫る・ノンコーディングRNAの研究から3Dプリンタの世界へ – 慶大先端生命科学研究所 ガリポン・ジョゼフィーヌ特任助教 ・「未知の世界をロボットで解き明かしたい」 – 日本の海底探査チーム「Team KUROSHIO」共同代表・大木健博士 ・産官学連携研究の拠点、東大生研の新しい実験施設が公開 - 西千葉から柏キャンパスへと機能移転 ・国際大会に挑戦! 日本の海底探査チーム「Team KUROSHIO」に勝算はあるか – 代表・中谷武志博士に聞く ・簡便な分析装置が変える、分析の未来 – 山梨大学 鈴木保任准教授・一般の人たちはどうすれば「ナメクジ」を探したいと思うのか - ユーザー参加型研究の可能性と課題 ・深海探査の国際コンペに東大・JAMSTECらのチームが出場決定 - 無人探査ロボットで東京ドーム1万個分の海底地図を描く・センサの検出部となる浮遊部を持つ微小構造を印刷技術で形成 - 産総研 ・「第6回 科学の甲子園全国大会」が開催 - 県立岐阜高校が悲願の初優勝! ・第一線で活躍する研究者が語る「自分だけの研究テーマの見つけ方」 - 「第6回 科学の甲子園全国大会」特別シンポジウム <IT>・"金融の民主化" - ロボアドバイザーのウェルスナビが目指すFinTechサービス ・システムエンジニアの生存戦略! キャリアアドバイザーに訊く「スキルと考え方」・トヨタはVR/MRをどのように車づくりに活用しているのか?・リモートデスクトップを促進するセゾン情報システムズの働き方改革・AWS、4つのレイヤーから成るAIサービスについて説明 - FM和歌山が「Polly」を用いた放送開始・きゃんちが徹底調査! ITエンジニアに英語って、本当に必要なんですか?・WannaCryの被害はなぜ拡大したか、企業が取るべき対策とは?・「日本はGitHubにとって重要な市場」 - Constellation Tokyoが日本初開催 ・「シフトレフト」を実現するVisual Studio 2017の目玉機能とは ・NTT Com、2017年度のサービス戦略を説明 - ハイブリットICT環境の最適化へ <その他ビジネス系>・“多機能"ではなく"楽しい"が新潮流に? シャープの「funband」はなぜカープファンから熱い支持を受けているのか・世界No.1白物家電メーカーハイアールの日本法人が、アイスクリームメーカーに目をつけた理由 ・技術の追求だけがイノベーションを生むわけではない! 「Wonder推進室」が示す、これからのパナソニック・連載「キリン流 デジタルマーケティングの仕掛け方」1) 飲料メーカーはデジタルをどう生かすべきか2) チャーハンに合うワインも! AIチャットボットで距離を縮めるメルシャン 3) 「自分ゴト化」に「こだわり動画」、キリンビールの施策使い分け術4) 5月5日は何の日? - 「午後の紅茶の日」定着に向けたキリンビバレッジの挑戦5) キリンはドラゴンボールをこう活かす - メッツのデジタル販促施策6) LINEコラボが自販機にデジタル革新をもたらす - Tappinessで市場を変えるKBV7) 自宅で本格生ビールを! 会員基盤を強化につなげる「KIRIN Home Tap」8) インスタ映えレシピ満載! 「ボジョめし&泡めし」でワインの購買促進<その他>・三菱化学のゼオライト膜で日本酒を濃縮!?-度数も香りも2倍の「concentration 作 凝縮 H」を飲んでみた 

2015-2016年のお仕事

 Webコンテンツ編集・学術系メディア「academist Journal」の立ち上げ、編集長 ・連載「科研費だけじゃない! いろいろある研究費の種類」企画、編集 ・連載「研究者が選ぶ! 好きな○○ ベスト3」企画、編集 ・連載「Pythonで学ぶ 基礎からのプログラミング入門」企画、編集 …and many more.インタビュー記事の執筆・地元企業とともに日本発のシンチレータ結晶を世界へ - 東北大発ベンチャー C&Aが「材料10年説」を乗り越える ・線維芽細胞を用いた再生医療で心不全に挑む、慶大発ベンチャー メトセラ ・金沢上空の雷雲は「天然の加速器」か!? - 宇宙物理学者が挑む、カミナリ雲の謎 ・「日本に必要なのは、社会全体でサイエンスを支えるという意識」- 東工大・大隅良典 栄誉教授 ・“偶然”を”必然”に変える研究者 – ImPACTプログラムマネージャー合田圭介教授 ・東工大&岡山大発の人工筋肉ベンチャー「s-muscle」が始動! - 代表・鈴森教授が考える革新的なロボットとは ・基礎科学の研究者が自らベンチャーを立ち上げた理由とは - 線虫によるがん診断技術の実用化を目指すSmartCelegans ・ライフサイエンス分野に特化した画像解析で研究者をサポート - 着実に成長する東大発ベンチャー エルピクセル・「マウス」を使って実験するのはなぜ? - 「分子生物学者」の研究室に潜入してみた・謎だらけの深海生物「テヅルモヅル」に名前を付けたい! - 「分類学者」の研究室に潜入してみた …and many more.レポート記事などの執筆・副作用少なく1度の治療で済む、日本発の次世代がん治療技術「BNCT」 - 2016年度末の治験開始を目指す国立がん研 ・白川・大隅・細野教授が語る「科学研究のために大切なこと」 - 東工大・科学技術創成研究院設立記念講演会 ・イノベーション創出のために必要なものとは? - 豪州・クイーンズランドのチーフサイエンティストに聞く ・深海生物って美味しいの? - 「オオグソクムシ」と「ミルクガニ」を食べてみた…and many more.